整体の手法についてTOPICS

当院が行う整体NEWS

空手に○○流、また茶道に○○流とあるように、整体やカイロプラクティックにも実は色々な流派(種類)の治療法があります。
治療法とは「痛み」や「病気」を取り除くためのスキルです。私たち整体師は、数ある治療法の中から効果が高そうなものや、自分に合ったものを選んで修得します。

ある治療家は一つの治療法だけ、またある治療家はいくつかの治療法を身につける、というふうにその者によって学び方が違います。
ちなみに慎重派の私は、難しい症例に遭遇した時、慌てずに対応できるよう様々な治療法を学んできました。

ここでは実際にどのような治療を行っているのかをご紹介します。

【押圧法】
押圧法(読み方:おうあつほう)は一部の武家の間で800年以上前から口伝えのみで継承されてきた日本古来の整体術です。

押圧法が武家で伝えられていた理由は、その家の長男を病気などで死なせないために用いられた、いわば家庭内療法だったと言われています。

また、秘伝ゆえ外部への流出をさけるため文書などに残さず、口伝だけで伝えられてきたそうです。

押圧法は文字通り「押す」のですが、似たものに「指圧」があります。押圧法も指圧も一見すると違いが分からないと思います。

しかし、厳密には指圧とは別物で決定的な違いは圧の質にあります。簡単に言うとコリをほぐす指圧に対して、押圧法は筋肉の緊張を抜くことにあります。
痛気持ちいい圧で「ズーン」と響いて、「フニャー」とほぐれていく・・・押圧法を受けるとこのように感じます。こればかりは実際に押圧法を受けてみないと分からないですよね。

もしも肩がコリ固まっているようでしたら、この緊張が抜けてゆく感覚を味わえると思います。普通のマッサージとはちょっと違う感覚を是非とも体験してみてください。

【筋膜リリース】
リリース=解放という意味なので、筋膜の緊張を解き放つ目的でおこなう治療技術です。

筋膜は筋肉の表面を覆っている薄い膜のことを言います。鶏肉のささみの表面にうっすら膜みたいなもので覆われているのをご存知でしょうか?あれが筋膜です。

この膜が筋肉だけでなく内臓や神経や骨などを覆って全身をネットワークしており、身体のどこかで発生した筋膜の異常は全身に影響すると考えられています。
電子顕微鏡で筋膜を調べてみると、まるでガーゼのような網目状の繊維質になっています。
ガーゼを形成しているのはエラスチンとコラーゲンというタンパク質で、エラスチンは柔軟で伸縮性に富み、一方のコラーゲンは硬い。
この二つの異なる性質の繊維は、からみやすく癒着(コリ)を引き起こしやすい要因となっています。
そして身体のどこかで起きた癒着(コリ)が全身に影響して症状を引き起こします。たとえば、顔を下に向けると首が痛いという症状を訴える人に対し、背中の筋膜リリースを行ったらスムーズに下を向けるようになって首の痛みが和らいだといった事例があります。
こうした現象は臨床現場では良くある光景です。でも、病院へ行けば首を調べられるでしょう。そして首自体に問題が見当たらなければ筋弛緩剤や湿布薬をもらってお茶を濁されてしまいます。
整体的な体の見方は発症部位だけでなく、必ず2関節以上離れた箇所に症状との関連性がないか調べます。
先程の首が痛例では背中の筋膜が硬く突っ張ってしまいたことが、首を動かす時に負担となって発痛原因となっていましたが、手や腕が原因になっているケースもあります。
筋膜リリースの考え方は痛みの原因を特定するために広い視野を持つことにも役立っています。


【骨盤矯正法】
産後や痩身目的など様々な要望に応えるべく、様々な骨盤矯正法を修得しています。写真上はアメリカ製の骨盤矯正台による矯正、写真下はご自身の体重を利用してじっくり矯正している所です。
【O脚矯正法】
O脚は整体師ならば誰もが矯正できるという訳でなく、整体技術の中でも専門的なスキルがないと治せません。
私は開院当初より、他の整体院とは一味違う特徴を打ち出したいと考えていたのでO脚の矯正方法を得意分野にするために多くの知識と経験を積んで参りました。
そうして培ってきた技術を後進へと伝えるべく、プロの治療家の方達へ教える活動もしています。多摩地区においてO脚の改善例ではおそらくトップクラスの実績があると思われます。O脚でお悩みの方は一度カウンセリングにお越しください。

【ドロップテクニック】
これはドロップテーブルといいカイロプラクティックの本場アメリカ製の骨格矯正用診察台です。
写真上は台の一部が少し上がっていますね、矯正したい箇所を押し込むと「カタン」と音がして下の写真のように下がります。このカタンと落下した時に関節が矯正される仕組みです。

【マッケンジーテクニック】
ニュージーランドの理学療法士ロビン・マッケンジーによって考案された関節痛をケアする方法。
強い腰痛を引き起こす椎間板の出っ張りを改善させるのに有効なので、当院では椎間板の異常が原因している坐骨神経痛に用います。

【ブロックテクニック】
SOTというカイロプラクティックのテクニックです。写真のようにクサビ形のブロックを骨盤の下に敷き、患者さんご自身の体重で歪みを矯正します。

【内臓調整法】
肩こり・腰の痛み・背中の痛みが内臓と関係している場合があるので内臓の硬さや癒着を取り除きます。お腹が柔らかくなると身体がすごく楽になるんですよ。

【頭蓋療法】
頭蓋骨(読み方:とうがいこつ)は23個の骨がパズルのピースが組み合わさるように成り立ちます。
それらの骨の歪みを矯正することで肩こりや首の痛み、頭痛、眼の疲れを改善させます。また脳の入れ物である頭蓋骨の調整は高いリラックス効果が得られるので、自律神経のバランスを整える時にも行います。精神科・心療内科系の症状にも有効です。

こういった治療法を駆使し、痛いところより悪いところを見つけて治す根本治療を目指しております。身体のことでお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

ナビゲーション